1. ホーム
  2. 切開法の基礎知識
  3. ≫二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

gatag 00006688 620x412 - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

最近はばの広い二重が流行っていることから、埋没よりもさらにデザインを柔軟に帰られる切開法を希望する方も増えてきました。

しかし、切開法をメスを使う施術。失敗したら手のつけられないような目になってしまうのでは・・・と考える方も多いかもしれませんね。

そこで、切開法で失敗するパターンとはどんな場合か、また失敗してしまったらどうしたらいいかをまとめてみました。

切開法は、はじめは勇気がいる施術なのはまちがいありません。

しかし、一歩踏み出せば埋没法ではかなわない効果がたくさんみられますよ。

スポンサーリンク

切開法が失敗することはある?

切開法が失敗することはどのくらいの確立であるのでしょうか?

答えは、ほぼありません。

今は医療技術の向上を一番に各クリニック努めています。

しかし、現実的にまったくないとは言い切れません。

なぜなら、埋没法は糸を留めるだけの簡単な施術ですが、切開法は高度な医療技術が必要とされます。

ですから、あまりうまくない施術医にあたってしまうとまれに失敗してしまうことがあります。

ではその失敗とはどのようなものなのでしょうか?

二重切開法でよくある失敗は腫れと痛み

publicdomainq 0007175ijl 620x413 - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

傷跡が目立つ場合がある

二重切開法とはまぶたの上の余分な皮膚を切除し二重をつくる施術です。ですから、部分切開なら、1~2センチ、全切開なら2~3センチほどメスを入れます。

傷跡ができてしまうのは仕方ありませんが、ダウンタイムがピークの腫れは一週間、完成までに2ヶ月や3ヶ月かかってしまいます。

しかし、2~3ヶ月たってもなかなか腫れがひかないという場合は、菌がはいり炎症を起こしているときがあります。

このような場合はうけたクリニックでの再診をおすすめします。

左右差が生じる

切開法とは難しい施術です。埋没法よりも左右差が生じる確率は高いといえるでしょう。

もともとの目の開きにも誰でも若干差もありますし、左右をまったく同じにするには高度な技術が必要とされています。

全切開をされる先生はもともとの技術力は高いはずですが、どうしても失敗したくない方はベテランの先生を選ぶとより左右差が生じる可能性は低くなるでしょう。

目の開きが悪くなることがある

まぶたがとても厚い人は目の開きがもともとあまりよくありません。

切開施術をしてさらに目の開きが悪くなった・・という口コミをみることがありますが、まず切開施術をうける前に眼瞼下垂を疑ってみてください。

眼瞼下垂ならば、眼瞼下垂方用の施術を受けるべきですし、切開施術をした後に眼瞼下垂の疑いがあった場合、再び眼瞼下垂施術をうけることができますよ!

目が閉じなくなることがある

切開施術で余分なまぶたの脂肪を切除しますが、その脂肪を切除しすぎてしまった場合完全に閉じず、薄目を開けているような感覚になることがあります。

半年ほどで改善する場合がほとんどです。

目の上がくぼむ

同じく、切開法でまぶたの上の脂肪を切除しすぎてしまった場合にくぼんで見えてしまうことがあります。

気になる場合はへこんでいる部分にしぼう注入します。

>>口コミがいいのは湘南美容外科クリニック!

二重切開法の施術後によくある悩みはまぶたの腫れとイメージとの相違

f325a88d 5ed1 4978 ac90 2a56eb3450c0 - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

切開法を受けた後、施術前のイメージと違い、これは失敗??と不安になることもあるようです。

しかしそれはもしかすると、施術前とのイメージのギャップからなる違和感かもしれません!!

まずは二重切開を実際に受けた人からの口コミで多い悩みを紹介します。

違和感がある

切開法が完了して、想像とちがう!と悩む人が口コミを投稿しているのをよく見受けられました。

埋没法は施術をして一週間後、腫れがひいたら完成というわけではありません。

まぶたにクセがなじみ、糸がしっかり食い込んで完全に希望の幅の二重や形になるには2,3か月かかります。

一度期間をおいてみることをオススメします!

今までの自分の顔とのギャップに慣れていないから不自然に感じるという場合も大いにあるかもしれませんよ。

それでも不自然だ、気に入らないと思うのであればもう一度カウンセリングに行って施術をしてくれた先生に相談するといいと思います。

左右に差がある

右と左の二重の幅が違ったりクセの入り方が違うといった場合、原因としてあげられるのは、施術をしてくれた先生の技術不足、施術完了後に目をこすった、まぶたに負担がかかってしまった、など様々な理由が考えられます。

問題ない場合は、まぶたの腫れが完全に引くのは2,3か月後なので、術後初期は左右の腫れは同じとは限らず、左右差がでてしまうので施術ミスとはいえないでしょう。

(目に見えて腫れていなくても、中の部分で実は腫れているそうです。)

どうしても気になってしまう場合は、三ヶ月ほど期間をおいて再施術をするしかないようです。

希望通りの二重でない

希望通りの二重になるまで、まず腫れが落ち着くのをまち、それからまぶたになじんでいくので2、3か月ほどで待って完全に完了したといえます。

希望通りの二重ではなかった場合、3か月ほど待ってもう一度考えてみるか、それでも伝えていた希望と違うならば、自分の希望がカウンセリングで施術医に上手く伝わっていなかったということになるので、

別のカウンセリングをきちんとしてくれるクリニックに変えてみることをオススメします!!

まぶたが赤く腫れる

切開法は施術内容や個人の体質により腫れる日数は大きく変わります。

通常二重は一週間は腫れのピークがあり、2~3か月でほぼ完成になるので、ダウンタイムが長いのもまた特徴です。

長期間腫れが引かない原因は、

・もともとまぶたの脂肪が多い

・施術の際身体に力が入った

・局部麻酔の量が多かった

・施術医の技術

・アトピーなどによる炎症

があげられます。

施術後、おうちでのアイシングはかかさないようにし、3カ月たっても気になる場合はクリニックに相談してみましょう。

>>口コミがいいのは湘南美容外科クリニック!

二重切開法で失敗した際はやり直し出来るの?

gf01a201501291500 620x412 - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

切開法をうけたけれども再施術をしたい・・

その場合、埋没法でも切開法でも可能です。

元の二重のラインがどうなるかそれぞれのパターンをまとめてみました。

1.全切開、部分切開で二重になったあとに埋没法で二重幅を広げるパターン

1~2mm広げるくらいならいいかもしれませんが基本とれやすいので、あまりおすすめはされないでしょう。

この方法で広げた場合、元の二重のラインは残る場合と消える場合があります。

2.全切開、部分切開で二重になったあとに、さらに全切開、部分切開で二重幅を広げるパターン

元の二重のラインより少しうえを切開する方法です。

この場合もとのラインは目立たなくなっていく場合が多いようです。

>>もっと綺麗になるなら湘南美容外科クリニック!

二重埋没法で施術ミスを減らす方法

施術ミスを減らすために、施術前にできることをまとめてみました!

施術ミスだけではなく、イメージとのギャップに悩んだりすることも防げますよ★

1.医師とのカウンセリングを念入りに行う

カウンセリングの際に自分ががどういう二重になりたいのかを伝えることももちろん大事ですが、リスクや、自分のまぶたの厚さと施術から、起こりうるトラブルなどもきっちり施術をしてくれる先生と入念に話し合っておきましょう!!

もしカウンセリングの時間が短かったり納得いかないものであれば、別のクリニックに変えてしまってもいいと思います。

そのくらい、二重施術を成功させ、納得した効果を得るためにはカウンセリングは大切なのです。

アフターフォローがきっちりしてもらえるのかも要チェック★

2.自分の瞼に合った施術をする

まぶたの厚さや目の形によっては部分切開が向いているのか、全切開がむいているのか、目瞼下垂施術が向いているのか人それぞれ違います。

合わない施術をすると腫れが通常よりひどい場合があります。

そこで、自分にはどのような施術が向いているか、幅はどのくらいにすればトラブルが起きにくいのかを施術医にしっかり教えてもらいましょう!!

3.切開法の中でも失敗確率の低い施術方法を選ぶ

どうしても失敗を避けたい場合、ミニ切開や、湘南美容外科クリニックのたった2mmほど切開する二重施術のマイクロリポサクション法などの切開の中でも手軽なものを選んでみるといいでしょう。

しかし、まぶたが厚い人はカウンセリングの際に全切開をすすめられる場合もあります。

>>切開といえば湘南美容外科クリニックをチェック!E299713c - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

今話題の湘南美容外科のマイクロリポサクションが数ミリの切開で失敗もなく腫れも少ないので話題!

C oesXUU0AEbyz  620x598 - 二重整形&切開法に施術ミスはある?プチ整形をやり直す方法と痛み&腫れの対策

部分切開と聞くと、メスのいたいたしいイメージが先行してしまうかもしれません。

しかし、今、腫れが極力少なく、わずか数ミリメスを入れるだけで、目の印象が大きく変わる施術がある!と話題です。

それは、湘南美容外科の「マイクロリポサクション」。

まぶたが腫れぼったいひとにとくにおすすめで、メスを入れた部分から余分な脂肪を取り除きます。

もともと二重のひとであればより目元がぱっちりした印象になりますし、埋没法を組み合わせれば綺麗な二重が出来上がります。

わずかの傷がつきますが、極小さな傷なので腫れも目立たず数日で治ります。

二重にしなくていいから、まぶたのはれぼったさを解消したいという人にもおすすめです。

>>たった2mmの切開施術といえば湘南美容外科クリニック!

まとめ

  • 二重切開法は基本的には失敗しない
  • 失敗ではないがイメージとのギャップがある場合もある
  • 二重切開法はダウンタイムがながい
  • 失敗した場合でもやり直し可能
  • 失敗したくない場合手軽な湘南美容のマイクロリポサクションもおすすめ

いかがでしたか?

ちなみに二重切開法は基本的に失敗しません。

ですから安心して施術は受けられますよ。

>>切開をうけるならまず湘南美容外科クリニックをチェック!
↓こちらからチェック!

スポンサーリンク

シェアをお願いします。